• ホーム
  • 病院のご紹介
  • 診察予定表
  • 交通のご案内
  • お問い合わせ
  • こころを込めたチーム医療を提供します!
  • 私たちは、患者さんの意思を尊重し、高度で良質な医療を 提供することによって、地域社会に貢献します。
  • 私たちは患者さんを中心としたチーム医療を推進します。
  • 地域と連携した急性期医療を提供します。
  • 救急医療(二次、三次救急、小児救急)に精力的に取り組みます。臓器移植、特に献腎移植を推進します。
  • がんや生活習慣病の予防と早期発見・早期治療に努力します。

当院は国・県から下記の指定・認定を受けています

  • 地域医療支援病院
  • 救命救急センター地域災害拠点病院
  • 地域周産期母子医療センター
  • 腎移植センター(腎疾患総合治療センター)
  • 兵庫県指定がん診療連携拠点病院
  • 臨床研修病院
  • 日本医療機能評価機構認定病院 - 当院は日本医療機能評価機構による認定を受けています。
  • お知らせ,HOT NEWS
  • イベント&セミナー,EVENT&SEMINAR
  • 最新採用情報,RECRUIT
  • 病院内の注意事項,PRECAUTIONS

にしびょうトピックス

過去の記事一覧へ

新人 フィジカルアセスメント研修

12/14フィジカルアセスメント(ベーシックコース)研修がありました。当院の新人に加えて兵庫県立ひょうごこころの医療センターの新人看護師4名、西宮市福祉財団西宮市訪問看護センターの新卒訪問看護師1名が参加して行っています。
研修は、フィジカルアセスメントについての講義の後、事例展開をしました。少ない情報から、何が起こっているのか考え、それを証明するための不足した情報は何かをグループで話し合い、実際の模擬患者で情報収集していきます。バイタルサインの測定や症状の観察をしていきますが、どうしても問診での情報収集が多くなりがち。しんどいと言っている患者にどうやって情報を取ればよいのか考えながら進めました。その後は振り返りで、グループごとに考えた思考を整理していきました。2事例目には、要領もつかめ自分たちで進めていくことができました。アンケートでは「問診や機械によるバイタルサイン測定に頼るのでなく、患者に触って聞いて観察するフィジカルアセスメントの大切さがわかった」「事実から何が起こりうる可能性があるか、必要な情報は何か考える必要性を学んだ」「自分には何のアセスメントが足りないのか、技術や復習することが明白に見えた。的確にアセスメントできるようになりたい」などの意見がありました。実践に活かしていくことを期待しています。

ページトップへ