• ホーム
  • 病院のご紹介
  • 診察予定表
  • 交通のご案内
  • お問い合わせ

病院のご紹介

院長あいさつ

院長 河田 純男 院長 河田 純男

雑感

兵庫県立西宮病院は、昭和11年に「兵庫県立西宮懐仁病院」として現在地に開設されました。その後、社会情勢に対応しながら、また、地域住民の皆様や近隣医療機関の先生方の信頼に支えられ、救命救急センター、腎移植センターを併設した総合的な診療機能を有し、高度先進医療を行う地域の中核病院として発展してきました。
病院の基本理念にかかげる「患者さんにまごころをこめた医療の提供」と「患者さんの意向を尊重し、信頼される医療の実践」のため、チーム医療の充実や、地域の医療機関とその機能分担を明確にした病病・病診連携に積極的に取組んでおります。
西宮市、芦屋市、神戸市東灘区の各医師会とは病診連携の取り決めを行い、地域医療室にファックスによる患者紹介・検査受付を致しております。また、CT、MRl、Rl、消化管造影検査、消化器内視鏡検査は、インターネットを介して先生方の診察室から直接予約が取れるシステムになっています。
地域と連携して阪神地域の急性期医療の中核を担う当院では、これまでも特に救急医療には力を入れてまいりましたが、いつでも救急患者さんを受け入れられるよう、本年4月1日より救命救急センターの指定を受け、地域とも連携を図るなか、全診療科で重症患者にも対応できる救急診療体制をとっております。
また、昭和47年に自治体病院として最初に腎移植を行った院内の腎移植センターでは、本年7月には、500例目の移植手術を行い、引き続き、生体腎移植に加えて献腎移植も積極的に推進しています。
臨床研修病院に指定されている当院は、若手医師の育成・指導を通して診療機能の一層の充実にも努めています。
地域住民の皆様から信頼され、安心してかかれる病院づくりをめざして、さらに高度・良質な医療を提供できるよう、今後とも研鑽努力してまいります。

病院の基本理念

私たちは、患者さんの意思を尊重し、
高度で良質な医療を提供することによって、地域社会に貢献します。

病院の基本方針

  1. 患者さんを中心としたチーム医療を推進します。
  2. 地域と連携した急性期医療を提供します。
  3. 救急医療(二次、三次救急、小児救急)に精力的に取り組みます。
  4. 臓器移植、特に献腎移植を推進します。
  5. がんや生活習慣病の予防と早期発見・早期治療に努力します。
  6. 少子化時代にあって周産期医療、母子医療を重視します。

患者様の権利宣言

  1. あなたは医療を受けるにあたって、一人の人間として大切にあつかわれる権利があります。
  2. あなたは、良質な医療を平等に受ける権利があります。
  3. あなたは、あなたの病気のことや、あなたが受ける治療や検査について、その必要性、効果、危険性、その他の方法の有無などについて、あなたがよく分かるまで説明を受ける権利があります。
  4. あなたは、あなたの診療録に記載されたご自分に関する情報の提供を、所定の手続きにもとづいて受けることができます。
  5. あなたは、あなたの治療や検査の方法を決めるとき自分の意見を述べる権利があり、その方法を選ぶことができます。また、受けたくない治療や検査などを断ることができます。
  6. あなたは、他の医療機関にかわりたいとき、あなたの診療情報の提供を受けることができます。また、医療のどの段階においても別の医師の意見を求めることができます。
  7. あなた自身の身体や病気、その他の個人情報について、あなたの承諾なしに第三者には知らされることはありません。

患者様の責務

治療を希望される患者様の権利を理解した上で、患者様には、次のような責務があります。
公共の場である病院を利用していただく上で、皆さんの療養環境を快適に保つため、
当院の規則及び指示に従う責務

  1. 他の患者様の迷惑となるような行為、行動を行わない
  2. 理由の如何にかかわらず、他の患者様、あるいは職員に対する暴言、暴力を行わない
  3. 敷地内で喫煙、飲酒を行わない
  4. 主治医の許可の無い外出、外泊を行わない
  5. 許可のある外泊、外出時においても、暴飲、暴食等の療養指示違反を行わない
  6. ご自身の健康状態や病気に関する情報は、可能な限り病院に伝える
  7. 主治医から説明を受け、納得、同意された治療に関し、患者様自身でも主体的に参加する
  8. 治療費を支払う

上記の責務を果たしていただけない場合につきましては、当院での診療継続は不可能と判断し、診療を中断し、その後の診療をお断りすることがあります。

ページトップへ