• ホーム
  • 病院のご紹介
  • 診察予定表
  • 交通のご案内
  • お問い合わせ

病院のご紹介

画像

 大寒も過ぎ、寒さが身に染みる季節になっています。つい出不精になって家に閉じこもりがちの方も多いかもしれません。炬燵に一旦足を入れてしまうと、暖かい心地よさにじっとしていたくなります。そのために運動不足になって、体重が増える羽目になってしまいますが、とくに雪国では、冬季は運動不足のために、季節限定の脂肪肝となり肝機能が悪化するという、うそのような本当の話があります。

 先ごろ、フランスのリヨンにあり、世界保健機関の一組織でもある国際がん研究所が、毎年、全世界で50万人が肥満のためにがんで死亡していることを発表しました。わが国においても、糖尿病とがんの関連が話題になっています。というのは糖尿病の患者さんは、そうでない患者さんに比べて、全身のどこかのがんを発症する率が少し高いという疫学的なデータが出されています。とくに消化器がん(大腸がん、肝がん、膵がんなど)の発症率が比較的高いといわれておりますので、検診などで早期発見を心掛けるようにしたいものです。

 西宮市では、約2年前から当院が中心になり、市医師会と緊密に連携して、糖尿病患者さんが不幸にして消化器がんなどを発症した場合に、できるだけ早期に診断して治療するための西宮スタディを行っています。このスタディでは、糖尿病の治療をきちんと受けることで、がんの発症率が下がるかどうかも検討することになっています。残念ながら糖尿病の治療効果とがんとの関連は今のところ明らかにされていません。西宮スタディによって、「糖尿病を適正に治療すれば、がんの予防につながる」という良い結果が出れば、世界の糖尿病患者さんにとって新たな福音になるのではないかと思っています。スタディに参加されている多くの先生方とともに、スムーズに進めば6~7年後に出るだろう成果を心待ちにしています。

2015.1.26 院長 河田純男

四季雑感【過去のページ】

ページトップへ