• ホーム
  • 病院のご紹介
  • 診察予定表
  • 交通のご案内
  • お問い合わせ

病院のご紹介

画像

 夏のトワイライトは、木洩れ日が揺れる林間であれ、ビルの谷間であれ、さわやかな高揚感を与えてくれるときがあります。とは言っても昼間の高温多湿を好む人はまずいないでしょう。
 炎暑にはことさら脱水に気をつける必要がありますが、ただ水分だけをとっていては血管内に水を保持できませんので、適度の塩分を補給するようにしたいものです。とくに高齢者は排尿などの問題があり、外出時に水分補充をつい怠ってしまいがちですが、これは脳梗塞や心臓発作の大きな誘因になってしまいます。

 八月は「葉月」とも呼ばれますが、そのイメージとしては、樹々に青葉が生茂り、燦々と照りつける太陽が地面に濃い影を落としているというようなものでしょう。ところが八月といっても陰暦のことですから、新暦では秋にあたるわけで、一説によれば「葉落ちの月」が「葉月」に転じたようです。そうなればまったく逆の寂しいイメージに陥ってしまいます。

 県立西宮病院では、昨年度に病院機能評価の新たな認定を受け、電子カルテの更新を行いましたが、ちょうどこの季節に職員は準備に追われてアツい日々を送っていました。とくに電子カルテの更新は、患者さんや地域の先生方にはご迷惑をおかけしたと存じますが、これといったトラブルもなく遂行できました。ある関係者から、これほどスムーズに行われた事例を知らないというお褒めの言葉をいただきました。これも県立西宮病院にはいざという時に発揮される大きな職員パワーがあったからこそではないかと思っています。
 しかし来年度以降には診療報酬のマイナス改定が予想されており、病院経営にとっても厳しいものになりそうです。そのような状況になっても、私どもの病院はその職員パワーを生かして、夏日に耐えて、あるいは凍える寒風にめげず、屹立する楠木のようでありたいと願っています。

2015.6.22 院長 河田純男

四季雑感【過去のページ】

ページトップへ