• ホーム
  • 病院のご紹介
  • 診察予定表
  • 交通のご案内
  • お問い合わせ

看護部の紹介

ワンランク上の看護をめざし、“ワンモア”の看護を!

ごあいさつ

兵庫県立西宮病院は、救命救急センター・腎移植センター・消化器センターを有し、さらには、地域災害拠点病院や地域周産期センターの指定を受け、急性期総合病院として、地域社会へ貢献できるように取り組んでいます。
当院の目指す看護師像は、救命救急センターを併設している病院として心肺蘇生のABCDになぞられて、A:Action(行動)、B:Believe(信念)、C:Challenge(挑戦)、D:Dream(夢)『信念を持って行動し、夢(自己実現)に向かってチャレンジしよう!』です。
また、今の看護にもうひとつプラスした“ワンモア”の看護を実践しています。
患者さんの状況に応じたワンモア、チームで取り組むワンモア、看護師個々のキャリア発達のためのワンモアなど、看護師一人ひとりが考えて実践することで、看護師も成長し、ワンランク上の看護につながると考えています。
そして、「すべての市民が住み慣れた地域で、安心して暮らせるまちづくり」に向けて、看護の力を結集し、邁進していきたいと思います。

兵庫県立西宮病院 看護部長
檜垣 美香子

ページトップへ