• ホーム
  • 病院のご紹介
  • 診察予定表
  • 交通のご案内
  • お問い合わせ

看護部各セクションの紹介

本館11階病棟(血液内科・腫瘍内科)

本館11階病棟 目標

病棟の特色

11階病棟は、主に血液疾患(悪性リンパ腫、白血病、肉腫、骨髄異形成症候群、多発性骨髄腫、再生不良性貧血など)や肝臓、消化器、内分泌疾患、脳梗塞など内科疾患全般の治療をおこなう病棟です。血液疾患については、化学療法、輸血治療が主であり、クリーンルームを3床設置しています。
入院・治療に伴う不安やストレス・身体的な苦痛に対し、患者さんを中心に医師・看護師・薬剤師・栄養士・地域連携看護師・医療相談員など医療チームスタッフと連携し、意見交換しながらよりよい医療の提供ができるように取り組んでいます。また、患者さんが退院後、安心して生活できるよう、退院支援にチームで力を入れています。

看護の特徴

継続受け持ち制により、看護の質の向上を図りたいと切磋琢磨しています。
「患者さんに満足してもらえる、優しい看護」を目指しています。
笑顔いっぱいのスタッフです。

11階の花 チューリップ 花言葉「おもいやり」

看護部の紹介へ戻る

ページトップへ