• ホーム
  • 病院のご紹介
  • 診察予定表
  • 交通のご案内
  • お問い合わせ

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

中央超音波センター

超音波センターの特色

超音波検査の最大の特徴は、被爆などの心配がなく患者さんには全く痛みなく体内の観察が可能であることです。
加えて、臓器内の小さな病変を拾い上げる能力に優れていること、血流情報とともに評価出来ること、安全に胎児が観察できることなどの利点をいかし、様々な臓器、疾患に応用されています。
本館2階の生理検査室および中央超音波センターでは現在5台の超音波診断装置が稼働しており、検査件数は年間約10,300件(平成26年度)に達しています。患者さんの診断治療に貢献できるようスタッフ一同研鑽を積んでおります。

AM PM AM PM AM PM AM PM AM PM
心エコー 小児
上腹部エコー
肝造影エコー
腎臓内科エコー
胎児エコー
乳腺エコー
頸動脈エコー
甲状腺エコー
下肢静脈エコー
下肢動脈エコー
シャントエコー
関節リウマチエコー

※予告なく変更する場合があります。

ページトップへ