• ホーム
  • 病院のご紹介
  • 診察予定表
  • 交通のご案内
  • お問い合わせ

循環器内科

  • 対象疾患
  • 診察内容・特長
  • 診療実績
  • 医療機関の先生方へ
  • 専攻医をめざすDrへ

● 高血圧・脂質異常症(高脂血症)
いわゆる生活習慣病・メタボリックシンドロームの一部です。
症状がなくても、狭心症・心筋梗塞・脳梗塞といった合併症を発症する危険があります。健診などで指摘された場合は、放置せずに医療機関を受診しましょう。
当科では、近隣の医療機関と連携しながら専門医の立場から動脈硬化の予防に努めております。

● 虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)
歩行・運動などで「胸が痛い」「胸がしめつけられる」などの症状に象徴される疾患です。検査や治療を受けないでいると、直接生命を脅かすこともある疾患です。
当科では、低線量・高画質のフラットディテクタを採用した連続血管撮影装置にて心臓カテーテル検査・冠動脈インターベンション(ステント留置)にて、虚血性心疾患の治療の充実を図っております。
また、急性心筋梗塞をはじめとする緊急を要する患者さんにも、スタッフの確保ができれば積極的に治療をしております。

さらに64列マルチスライスCTにて、糖尿病、高血圧を合併した生活習慣病やメタボリックシンドロームの患者さんの動脈硬化性病変の早期発見やステント留置患者さんの再狭窄評価に役立ており、近隣の医療機関との連携診療を図っております。
〈近隣の先生方へ〉むこねっとでの運用はいたしておりません。まず当科あてにご紹介くださいませ。

● 心不全・心筋症
高血圧性心不全をはじめ肥大型および拡張型心筋症、代謝性心筋症など様々な心不全の治療にあたっております。

● 不整脈
「ドキドキする」、「脈がとぶ」といった症状に象徴される疾患です。
こういった症状がありましたら受診してみてください。増加してきている心房細動などの不整脈がみつかることがあります。脳梗塞といった危険な合併症を予防することにもつながります。
当科では必要に応じて各種心電図 検査、心臓電気生理検査などにて診断を行い、治療につなげています。また、徐脈性 不整脈で必要な場合は一時的あるいは永久ペースメーカー治療(手術)も行っております。

写真
当科で受けることのできる検査・診療内容

安静時心電図、マスター負荷心電図、トレッドミル、ホルター心電図、ABI、心臓(経胸壁・経食道)超音波検査、血管(頚動脈・下肢静脈)超音波検査、心臓核医学検査(心筋シンチ)、心臓電気生理検査(EPS)、心臓ペースメーカー(体外的・植え込み型)、下肢動脈に対する経皮的形血管成術(PTA)、心臓カテーテル検査・経皮的冠動脈形成術(PCI)(バルーンによる狭窄部位拡張(POBA)、ステント留置)、冠動脈CT

特徴

●総合病院である特色を生かし、外科系・麻酔科の先生方との密な連携により、 心疾患合併患者さんにも安全に手術を受けていただけるよう努めています。
●急性心筋梗塞をはじめとする緊急を要する疾患も、可能な限り迅速な治療を行います。

診療実績(2016年)

心エコー 2,794件
心臓核医学検査 135件
経静脈的ペースメーカー植え込み術 20件
心臓カテーテル検査 219件
経皮的冠動脈形成術 119件(うち緊急12件)
経皮的血管的治療 28件

地域医療機関の先生方へ

当科では、病診連携の活性化を図っております。ご紹介いただきました患者さんは、外来・入院を問わず、精査・治療後に貴院にご報告ならびに継続加療をしていただけるようにしております。また、当院で病状の安定しております患者さんをかかりつけ医として、継続加療を依頼させていただくこともございます。疾患の性質上、緊急を要するとご判断される場合は、
TEL(0798-34-5151,5174)
もしくは直通FAX(0798-34-4436)
にて地域医療連携センターより当科にご連絡いただけますようお願い申し上げます。

循環器科専攻医をめざすDrへ
スタンダードな循環器医療を実践しており、冠動脈造影検査等の手技も初期の段階から積極的に実践してもらうのが当院の特徴です。
研修中は救急科と連携した3次救急も習得可能です。また、大阪大学医学部循環器内科関連病院として、研修修了後は大学院への進学も可能です。さらに他の大阪大学医学部循環器内科関連病院や兵庫県立病院の関連として兵庫県立尼崎病院、姫路循環器センターでのさらなる研鑽も可能です。当院の見学を希望される場合には、お気軽にご連絡ください。

取得可能資格
内科認定医・総合内科専門医・循環器専門医・日本心血管インターベンション治療学会認定医

研究会・勉強会
心カテカンファレンス(毎週月曜日)
心エコー・心筋シンチカンファレンス(毎週金曜日) 
「阪神心エコーの会」(年3回) @西宮アミティーホールなど

前のページへ戻る

ページトップへ