• ホーム
  • 病院のご紹介
  • 診察予定表
  • 交通のご案内
  • お問い合わせ

内科

内分泌部門

  • 内分泌部門

下垂体疾患(先端巨大症、プロラクチノーマ、クッシング病、下垂体機能低下症、尿崩症など)、副腎疾患(原発性アルドステロン症、クッシング症候群、褐色細胞腫など)、副甲状腺疾患(副甲状腺機能亢進症、副甲状腺機能低下症など)などの内分泌疾患について診療を行っております。

健康診断や人間ドックで、下垂体や副腎の腺腫を指摘された方、高血圧や糖尿病、あるいはNa、K、Ca、P等の電解質異常を指摘された方は内分泌疾患である可能性があります。
当院では放射線科、脳神経外科、泌尿器科、耳鼻咽喉科等と協力して、各種検査(下垂体や副腎などの各種負荷試験、下錐体静脈や副腎静脈のサンプリング、RI検査やMRI等の画像検査など)を行い診断するとともに治療にあたっています。

施設認定:日本内分泌学会認定教育施設

前のページへ戻る

ページトップへ