• ホーム
  • 病院のご紹介
  • 診察予定表
  • 交通のご案内
  • お問い合わせ

内科

腎臓部門

  • 腎臓部門
  • 対象疾患/治療・処置
  • 診療実績
  • 医療機関の先生方へ

腎臓
腎臓内科は平成29年4月現在、常勤5名(うち1名は専攻医)、非常勤1名の計6名体制で、病棟業務、外来業務(月~金)、透析業務(月水金/火木土)を行っております。
平成20年度より「腎疾患総合医療センター」という枠組みが設けられ、同じ腎臓という臓器を診る泌尿器科と、より密に協力して腎臓病の治療にあたっています。検尿異常(タンパク尿・血尿)から慢性腎臓病、透析、さらに腎移植患者さんまで、内科・外科の隔てなく一貫したきめ細やかな医療を提供できるよう日々努力しております。

平成19年に血液浄化室が拡充されてから早10年の月日が経過しました。12床の血液透析病床はフル回転をしておりますが、火木土を1クールにしており、急な患者さんの紹介にも応えることができるようにしております。平成25年には血液透析濾過にも対応できるよう、一部機種変更を行いました。
一方で、血漿交換やLDL吸着療法、エンドトキシン吸着療法、顆粒球除去療法など、多岐にわたる血液浄化にも対応しております。

透析専門看護師や臨床工学技士も加わり、今後も「質の向上」を1つのテーマとして臨床に臨んでいきたいと考えております。

将来の目標として、地域の先生方とともに地域連携ネットワークをより強化し、一方通行の医療ではなく、地域全体で一人の患者さんを診ていくような診療体制作りに貢献できればと考えております。これからも、拠点病院として地域のニーズに根ざした医療を提供できるよう努力してまいりますので、皆様のご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。

外来診察日:月~金(受付 AM8:30~AM11:00)
※現在、火曜に地域紹介枠はございません。

<以下のような症例に対する精査・加療を専門にしています>
(1)慢性糸球体腎炎疑い(血尿、タンパク尿、ネフローゼと言われたら)
(2)保存期腎不全(健診でクレアチニンや尿素窒素の高値を指摘されたら)
(3)末期腎不全(腎代替療法が必要と指摘されたら)
(4)腎移植関連(腎移植を行うには半年近くの準備期間が必要です)
(5)電解質異常(ナトリウム・カリウム・カルシウム・リンの異常が続く場合)

対象疾患

慢性的な血尿・タンパク尿、慢性糸球体腎炎〈ネフローゼ症候群〉、慢性腎不全、検尿異常~腎機能異常を伴った膠原病、糖尿病性腎症、各種電解質異常

当院での主な治療・処置

◆腎生検
外来での血液・尿検査の後、3~4日程度の検査入院を行います。

◆腎炎に対するステロイド治療
(通常)腎生検に引き続き、必要に応じて点滴治療を行います。
約1ヶ月の入院治療を目標にしております。

◆腎臓病教育入院
慢性腎臓病とはどのような病気か?どう対処すべきか?
約1週間の入院期間中に網羅的に学んでいただくコースです。

◆血液透析導入
約2週間を目標に、血液透析の導入を図ります。
最終的にはお住まいの近くの透析クリニックを紹介させていただきます。

◆血液透析
現時点では4床(入院患者のみ、増床予定あり)と透析ベッドが限られていることもあり、当院に入院予定の患者さんで透析が必要な方がいらっしゃいましたら、事前に主治医にご相談ください。

◆腹膜透析(導入)
現在のところ未定です。

2016年度実績

・腎生検 21例/年(移植腎生検除く)
・血液透析導入 62例/年
・血液透析件数 4,342件/年
 透析ベッド数 12床(月水金×2クール、火木土×1クール)
・各種血液浄化療法 82件/年

医療機関の先生方へ

慢性腎不全だけでなく、慢性糸球体腎炎から透析(一部、移植患者さんの診療も含みます)まで、一貫して腎疾患の診療にあたっておりますので、健診の検尿異常からさまざまな疾患に伴う電解質異常まで、幅広くサポートしておりますので、お気軽にご相談ください。
緊急透析にも対応しておりますので、お困りの際はご一報ください。

前のページへ戻る

ページトップへ