• ホーム
  • 病院のご紹介
  • 診察予定表
  • 交通のご案内
  • お問い合わせ

救命救急センター

救命救急センターの特色

兵庫県立西宮病院救命救急センターでは“総合診療から救命救急まで”、“グラム染色からPCPSまで”、“2次から3次まで”、診療科を超えた初期診療と重症集中治療を行っています。

NECCC 救命救急センター

救命救急部門
Trauma and Resuscitation Center

重症外傷、脳蘇生、重症救急疾患、広範囲熱傷、急性中毒などの専門家を擁して主として阪神圏域からの3次救急の患者さんを受け入れていますが、近隣医療機関からの紹介患者さん、院内各科あるいは救急外来よりの重症患者さんの診療も行っています。
専門スタッフとあらゆる重症患者さんに対応できる設備を24時間体制で稼働させています。
外傷症例に対しては診断・治療のminimal requirementを習得すること、多発外傷患者のdecision makingができること、そして自ら専門性をもち特定のテーマを深く掘り下げることを目標にしています。

救急総合診療部門
Emergency Room

初期・後期臨床研修医が中心となり2次救急診療を行います。どのような救急疾患に対しても、研修医、救急科専従医、各診療科の専門医という3重のチェック・診療体制を敷いており、より高い質の救急医療を提供できる環境を整えています。

四肢外傷センター
Trauma Center

当院整形外科と協力し、総合診療部門に搬送された外傷患者や救命救急部門に搬送された重症外傷患者の初期診療への参加、救急ICU入院整形患者の診療サポートを行っています。多発外傷患者に合併した骨折は、救命救急センターとの協力体制のもと、早期に根治手術を行い、急性期のうちにリハビリテーションを開始することで早期の社会復帰を目指しています。

周産期救急医療センター
Perinatal Medical Center

周産期救急は、新生児は小児科医(新生児科)、母体は産婦人科医が中心となり診療を行います。しかし、例えば出産後に重症新生児のみ転院搬送が必要となる場合や出産前後に母体が急変(出血多量や脳出血の合併等)し転院搬送が必要になる場合がありますが、搬送先病院が容易に見つからず搬送困難となる症例も散見され、地域によっては大きな社会的問題となっており早急な対応策が求められています。
阪神地区においても、重症新生児と分娩前後に急変した母体を同時に診療できる医療機関は極めて少なく、地域周産期母子医療センターの指定を受けている当院の役割として、医療機関からの受入要請があれば母子ともに速やかに急性期医療を提供します。新生児はNICUにおいて小児科医が、母体はICUにおいて産婦人科医および救急医等による高度集中治療を行います。

学会認定施設

救命救急センター写真
救命救急センター写真
救命救急センター公式フェイスブックはこちら

兵庫県立西宮病院救急科専門研修プログラム

救命救急センタースタッフの紹介

外来診察予定表,外来担当は外来診察予定表をご覧ください。

杉野 達也

役職副院長(診療支援担当)
救命救急センター部長
資格日本救急医学会 指導医・救急科専門医
日本外傷学会 専門医
日本外科学会 認定医
JPTEC近畿 副代表
日本救急医学会認定ICLSコースディレクター
阪神・丹波地域MC協議会委員・検証委員会委員長

高岡 諒

役職救命救急センター部長
資格日本救急医学会 指導医・救急科専門医
日本外科学会 専門医
日本集中治療学会 専門医
DMAT隊員
日本静脈経腸栄養学会TNT認定医

田原 憲一

役職救命救急センター医長
資格日本救急医学会 救急科専門医
日本外科学会 外科専門医
麻酔科標榜医(厚生労働省所管)
日本DMATインストラクター・統括DMAT
JATECインストラクター

田口 久美子

役職救命救急センター医長
資格2013-2015 青年海外協力隊(ガーナ)

荻田 誠司

役職救命救急センター医長
資格日本脳神経外科学会 専門医
JATECインストラクター

鴻野 公伸

役職副院長
救命救急センター長
資格日本救急医学会 指導医・救急科専門医
日本外傷学会 専門医
日本整形外科学会 専門医
インフェクションコントロールドクター
日本静脈経腸栄養学会TNT認定医
阪神・丹波地域MC協議会委員
大阪大学医学部臨床教授

鵜飼 勲

役職救命救急センター部長
資格日本救急医学会 救急科専門医
JATECインストラクター
DMATインストラクター
MCLSインストラクター・管理世話人
MIMMSプロバイダー

井口 知子

役職救命救急センター医長
資格日本内科学会 認定内科医
日本消化器病学会 専門医
禁煙学会認定指導者
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

林 伸洋

役職救命救急センター医長
資格日本救急医学会 救急科専門医
日本外科学会 専門医
日本外傷学会 専門医
JATECインストラクター
SSTTインストラクター

南 和伸

役職救急科専攻医
資格JPTECプロバイダー
MCLSプロバイダー

ページトップへ