• ホーム
  • 病院のご紹介
  • 診察予定表
  • 交通のご案内
  • お問い合わせ

救急科後期研修医(専攻医)募集

救急科後期研修医(専攻医)募集

当施設は日本救急医学会の救急科専門医指定施設・指導医指定施設に認定されています。
したがって当施設の勤務期間は、救急科専門医・指導医の申請に必要な勤務期間として認められます。

− 総合診療から救命救急まで −

救急科では救命救急センター(3次救急施設)としての役割に加え、2次救急施設として週2回の西宮市2次輪番救急病院(内科・外科)として2次救急患者も受け入れています。このため、救急隊からのホットラインとして2種類(救命救急用と2次救急用)用意し、救急隊からの搬送連絡に備えています。
専攻医はまず2次救急用ホットラインを持ち2次救急患者の初期対応や入院後の治療にあたります。仕事に慣れてきたところで救命救急(3次)用ホットラインにも対応していただきますが、3次救急患者に対する初期対応や集中治療はスタッフ(救急科専門医)とともに対応していきます。このように、2次救急から3次救急まで幅広い重症度に対する即応能力と管理能力が短期間で効率よく習得できるシステムであることも当院の救命救急センターの特徴です。

研修医を指導しながら、救急医療の総合的知識と技能を身につけ、医療に対する幅広い見識を身に付ける人材を求めています。経験・出身医局などはもちろん問いません。3年間の研修後、救急医学会専門医資格取得、その後スタッフとして採用の機会もあり、救急医療の指導者としての進路も期待できます。

専攻医の目標
  1. 救急初期診療,集中治療,病院前医療における知識技能の修得
  2. 研修医・メディカルスタッフに対する教育研修
  3. 救急医療システム、災害医療体制の理解
  4. 日本救急医学会専門医資格取得
兵庫県立西宮病院 救急研修プログラム
年次スケジュール

〈 1年目 〉

  1. 救急初期診療の経験を深め、基本技術を修得する
  2. ICLS, JATEC, JPTEC, MCLSなど各種標準化コースの受講
  3. 上級医とともにドクターカーへの搭乗
  4. 初期研修医やメディカルスタッフへの教育
  5. 学会発表・論文作成

〈 2年目 〉

  1. 専攻医・研修医・メディカルスタッフへの教育
  2. 集中治療の知識・技術の修得
  3. 各種標準化コースのインストラクターとしての活動
  4. 地域消防機関の生涯教育担当
    ・救急救命士養成所での講義・実習指導
    ・救急初期診療,ドクターカーでの救急救命士教育
  5. 学会発表・論文作成
  6. 院内サブスペシャリティー研修(応相談)

〈 3年目 〉

  1. 専攻医・研修医・コメディカル教育
  2. 災害医療派遣
  3. 日本救急医学会専門医準備
  4. 各種標準化コースのインストラクターとしての活動
  5. 学会発表・論文作成、およびその指導

当院は診療科や職種間の垣根が低く、コミュニケーションをとりやすい環境です。それを生かし「救急専従医のいる総合病院」として、病院全体で質の高い救急医療を提供することを目指しています。この理念に基づき、専攻医(後期研修医)はプライマリーケアを広く実戦的に研修しながら、重症患者の集中治療や外科的処置などの専門的治療も担当します。またサブスペシャリティーとして、院内で消化器外科/消化器内科/循環器内科/整形外科/脳神経外科等の研修期間(6か月程度)を組み込むことができます。

専攻医のコメント

【2次から3次まで】専攻医 松浪周平 先生

こんにちは。救急科専攻医の松浪です。
初期研修終了後より当救急センターに所属し今年で3年目になります。
当センターの特徴として、2次救急から3次救急まで幅広い患者さんに対応していることが挙げられます。私が当センターを選択した主な理由がこれです。3次救急ではドクターカーによる病院前活動を含めて重症患者さんへの対応となります。ドラマなどで目にする「救急」はおそらくこちらだと思います。それに比べて2次救急は少し様相が異なります。発熱したご老人、下痢嘔吐が続いて動けなくなった大学生、椅子から落ちて頭をぶつけた幼児etc。3次救急に比べるとよりcommonな病態ばかりです。
ただ、もちろん数が多いのはこちらです。少し余裕をもって診察出来る分色々と考え、日々新たな発見があり非常に勉強になります。3次救急は一部対応できない病態があったり、2次救急はERのように患者さんで溢れているというわけではなく、どちらかに特化して学びたいと思われる方には少し物足りないかもしれません。しかし重症例からよりcommonな症例まで、幅広い病態に対する対応力を身に付けたい、そう思ってらっしゃる方には当センターは最適の環境だと思っています。

【県西救命での専攻医生活】専攻医 南和伸 先生

目の前の苦しんでいる患者、死にそうになっている患者を救える医者になりたい。
一つの臓器だけを見る専門医になるのではなく、全身を診ることのできる医者になりたい。
そんな思いから、自然と救急医を目指すことになりました。救急医と一言で言っても、幅は広く、重症外傷を診る外傷医もいれば、集中治療医もおり、ER型救急医もいます。同じように救命救急センター・救急科の看板を掲げていても、施設によって扱う傷病や、やっていることはかなり違うと考えています。県立西宮病院は病床数400床の中型病院で、各診療科の垣根は非常に低く、コール1本で連携ができます。救急科は他科との連携が必須です。その点、県西救命は非常に働きやすい環境です。二次・三次救急を扱っており、症例が偏ることなく幅広く経験できます。また、指導医の数も豊富であり、専攻医への指導も充実していると実感できます。外傷医、集中治療医、ER医どれを目指すにしても、まず県西救命での専攻を選んだことに満足できています。

お問い合わせ・見学のご希望の方へ

お問い合わせ・病院見学は随時受け付けています。下記メールアドレスよりお問い合わせください。

rinken-kn@hp.pref.hyogo.jp

ページトップへ