• ホーム
  • 病院のご紹介
  • 診察予定表
  • 交通のご案内
  • お問い合わせ

地域周産期母子医療センター

地域周産期母子医療センターの歩みと対象疾患

当院での新生児医療の歴史は古く、昭和36年に20床からなる未熟児センターが小児科内に併設されました。1980年頃は未熟児センターへの入院が年間200例程度にまで増加しましたが、呼吸管理は数例で在胎34週以上かつ出生体重2000g以上が対象でした。
以後徐々に新しい新生児医療技術を持つスタッフや新生児医療の専門医が着任し、2007年6月にNICU加算を3床取得しました。

2010年9月 日本周産期新生児学会の指定指導医施設に認定されました。
2011年6月 GCU加算を11床取得しました。
2013年4月 兵庫県地域周産期センターに認定されました。
2014年9月 NICU加算を6床に増床し、現在に至ります。
2015年1月からは新生児聴力スクリーニングを開始しました。
小児神経専門医に加え、2015年4月から小児循環器専門医が着任しました。

入院は在胎26週以上かつ出生体重600g以上の新生児を対象に診療しています。種々のモニターや超音波での呼吸循環管理、脳障害の早期発見を行っており、一酸化窒素吸入療法での肺高血圧症の管理も可能です。
産婦人科では約800件の分娩を行うとともに、阪神地区を中心に200例の母体搬送を受け入れています。

2015年度実績

未熟児センター入院数 316例 分娩数 768例
超低出生体重児 0例 母体搬送受け入れ 165例
極低出生体重児
(超低出生体重児を除く)
14例 ハイリスク分娩 200例
挿管での人工呼吸管理 9例 健常新生児数 500例
持続陽圧呼吸管理
(鼻カニューラ)
71例 帝王切開 240例
新生児搬送受け入れ 25例 双胎 30組

地域の産婦人科の先生方へ

当センターでは、365日24時間の病的新生児の受け入れとともに院内救急車を使用し、一部の地域では新生児のお迎え搬送も行っています。
ただ、当院には小児外科医がいませんので、外科疾患は受け入れ可能かどうかを当番医とご相談ください。

地域周産期母子医療センタースタッフ

増原 完治

役職周産期母子医療センター長
産婦人科部長

信永 敏克

役職診療部長
手術調整担当部長
産婦人科部長

谷口 友基子

役職産婦人科医長

山本 実咲

役職産婦人科専攻医

山本 幸代

役職産婦人科専攻医

本多 秀峰

役職産婦人科専攻医

中田 あゆみ

役職小児科医師

阿曽沼 良太

役職小児科専攻医

高桑 聖

役職周産期母子医療副センター長
小児科部長

磯部 晶

役職産婦人科医長

北井 俊大

役職産婦人科医長

永瀬 慶和

役職産婦人科専攻医

宇田 元

役職産婦人科専攻医

小泉 真琴

役職小児科部長

岡田 陽子

役職小児科部長

原 征資

役職小児科医員

ページトップへ