• ホーム
  • 病院のご紹介
  • 診察予定表
  • 交通のご案内
  • お問い合わせ

小児科

  • 診察内容・特徴
  • 実績

各担当は『外来診療予定表』をご参照ください。

【初診外来】
月曜日から金曜日の午前に行っています。
原則として他の医療機関からの紹介状をお願いしています。
また、同午後も紹介状をお持ちの方で緊急に限り受け入れ可能です。

※発熱者に対する対応
伝染性の高い感染症は疑い例も含めて、院内発熱外来または小児科外来内の隔離診察室を利用し、他への感染防御に務めています。

【専門外来】
月曜日から金曜日の午前・午後に以下の各専門外来を行っています。
他の医療機関からの紹介状と事前予約をお願いしています。

・内分泌外来
低身長・肥満・思春期といった成長の問題から、糖尿病や甲状腺・副甲状腺・副腎の疾患、小児がん治療後の諸問題に対応します。また、各種検査にも対応します。

・アレルギー外来
アレルギー疾患では、気管支喘息、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーなどの診療を主にしています。病状に応じて、血液検査・呼吸機能検査、食物経口負荷試験などを行っています。

・心臓外来
先天性心疾患、川崎病後の経過観察、心雑音や学校心臓検診の精密検査などを対象として、心臓超音波検査、心電図検査、運動負荷心電図検査を行っています。

・神経外来、発達相談
てんかん、けいれんなどの神経疾患以外にも、発達の遅れ、自閉症・多動症などの診療をしています。脳波検査、各種発達検査が可能です。

・腎臓外来
学校検尿の異常、高血圧精査、尿路感染症の原因精査や尿路奇形の経過観察に対応しています。またネフローゼ症候群や腎炎性疾患、慢性腎疾患の管理も可能です。

・ワクチン外来
麻疹・風疹、四種混合、インフルエンザ、水痘、ヒブ、肺炎球菌、B型肝炎、日本脳炎、ロタウイルスなどの定期予防接種だけでなく、おたふくかぜやインフルエンザなどの任意予防接種にも対応しています。アレルギー、心疾患、けいれん発作など基礎疾患のあるお子さんも受け入れ可能です。
お電話による予約が可能ですので、小児科外来まで直接ご連絡ください。

・シナジス外来
兵庫県でRSウイルスの流行期とされる毎年7月から4月の間に、対象となる乳幼児にシナジス接種を行っています。他施設にて出生のお子さんも受け入れていますが、出生された医療機関からの紹介状が必要となります。

・1ヶ月健診、発達検診
主に当院出生児を対象に、1ヶ月健診から乳幼児期にいたるまで、成長発達の評価と経過観察を行っています。他施設にて出生のお子さんでも、発達に遅れのある場合、低出生体重などでNICUに入院歴がある場合、乳児健診などで発達に問題を指摘された場合などの経過観察にも対応しています。

・心理外来
臨床心理士が、こころの悩みに対するカウンセリングやこどもの発達評価などを行います。カウンセリングを希望される場合には小児科医による診察が必要となりますので、初めに初診外来の受診予約をお願いします。

【小児科病棟】
6階病棟で対応しています。原則として主治医制ですが、当日の病棟担当医も適宜診察にお伺いするチーム医療を行っています。感染症での入院の際には、他の入院患者への伝染を防ぐために隔離として病棟内移動に制限がかかることがあります。日帰りの検査入院にも対応しています。
発熱や体調不良の方、小学生以下のお子さまの面会はご遠慮いただいております。
新型コロナウイルス流行中においては、ご家族の面会は禁止となり、付添いされるご家族の交代はできなくなっていますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

【地域周産期母子医療センター(NICU・GCU)】
主に早産や低体重で生まれた新生児の集中治療を行っています。院内出生だけではなく、近隣の分娩施設より新生児の受け入れも行っています。当院で対応困難と判断された場合は、速やかに高次機能病院(総合周産期母子医療センター)へ搬送できるように連携体制を整えています。
入院中は面会時間を設けており、新型コロナウイルス感染症の流行中も厳重な感染防御対策の下、授乳や育児訓練のために親権者のみが入室できます(発熱や体調不良の場合は入室することはできません)。

地城周産期母子医療センターの紹介ヘ

実績 2013年~2020年

  2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
新生児入院数 232 292 316 285 313 322 299 235
超低出生体重児 2 2 0 2 3 0 0 0
極低出生体重児 10 11 16 7 10 5 6 1
人工呼吸管理
(N-CPAP除く)
26 16 9 14 12 14 6 10
新生児搬送数 26 42 25 37 47 65 50 39
平均入院日数 - - - 11.8 11.5 9.7 10.2 11.8

昨年度は全国的な出生数の低下の影響もあって新生児入院数は20~30%減となりました。NICU入院となる多くは出生時の一過性の呼吸障害です。近年は 、受入可能な出生週数の変更により1500g未満の低出生体重児は減少しています。

  2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
小児入院数
(検査入院数)
247
(26)
252
(75)
257
(80)
203
(100)
277
(142)
253
(72)
212
(43)
122
(37)
平均入院日数
(検査入院除く)
- - - 4.9 5.5 5.6 5.3 5.7

昨年度は新型コロナウイルス感染症の流行を除くと、目立った感染症の流行がなかったことと検査の延期から小児入院数はほぼ半減しました。検査入院以外では、呼吸器や消化器の感染症が多くを占めており、重症感染症6名、川崎病6名でした。

  2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
救急患者数 - - 262 260 272 281 262 142
救急車受入数 - - 179 182 180 194 172 116

昨年度は新型コロナウイルス感染症の影響によるものと考えられる受診控えや他の感染症の流行の減少のため、例年の約半分となっています。それぞれの6割ほどが小児二次救急の地域輪番日での実績となっています。

※「-」は未統計

前のページへ戻る

ページトップへ