• ホーム
  • 病院のご紹介
  • 診察予定表
  • 交通のご案内
  • お問い合わせ

チーム医療

PDFNST(栄養サポートチーム)褥瘡防止対策委員会[PDF:223KB]
外部リンクへ 緩和ケアチーム運営委員会[PDF:300KB]
緩和ケアチーム運営委員会 活動報告へのリンク緩和ケアチーム運営委員会 活動報告
化学療法運営委員会[PDF:168KB]
感染対策チーム(ICT)
専門・認定看護師のへリンク専門・認定看護師

緩和ケアチーム運営委員会 活動報告

緩和ケアだより
チームメンバーが新しくなりました
緩和ケアチームメンバー
当院では、がん患者さん・非がん患者さんとその家族で緩和ケアを必要とする患者さんに最良の日常生活が送られるようチームで関わっています。
今年度、消化器外科部長である福永医師が加わり、より一層緩和ケアを充実させていきたいと思っています。
第1回 緩和ケアチーム勉強会・研修会を開催しました(2014.5)
研修の様子
毎年緩和ケアチームが日々の緩和ケアに関する診療・看護の質向上を目指して年2回研修会と年数回勉強会を計画しています。5月に勉強会と研修会を行いました。
勉強会では、疼痛治療薬であるオピオイドのレスキュー薬「イーフェンバッカル錠」について使用方法や注意点などを勉強しました。
研修会では、昨年度の緩和ケアチームのラウンド活動報告と、その活動の中で関わった事例を4題報告・発表しました。(写真)
どちらも、興味を持ったスタッフがたくさん参加していました。この勉強会・研修会を通して得た知識や看護ケアの情報を活かし、今後緩和ケアを必要とする患者さんにより良いケアが提供できるようにしていきたいと思います。
緩和ケア病棟の見学研修(六甲病院)(2012.1.31)
看護部緩和ケアチームメンバー15名で緩和ケア病棟の専門性や機能、役割等について学ぶため、六甲病院で見学研修を実施。緩和ケア科の安保先生、藤本看護師長、白井緩和ケア認定看護師から一般病棟との違いや終末期患者とのコミュニケーションの取り方等についてレクチャーを受け、患者が日常生活としてより快適な入院生活が送れるような配慮、患者・家族の意向に添ったケアの提供といったことの重要性をあらためて再認識しました。また、研修全体を通じ、患者さんや家族と医療スタッフの思いが共有できるような関わりが大切だと感じました。
第1回緩和研修会を開催しました(2011.10.31)
宝塚市立病院緩和ケア病棟チャプレン・カウンセラーの沼野尚美先生をお招きし、「末期がん患者の心のケア~スピリチュアルケアの実際~」のテーマでご講演いただきました。患者や家族の心の叫びを聴き、互いの思いを言葉で伝えることの大切さを学び、日々のケアをふり返る貴重な時間となりました。沼野先生のお話は、「笑いあり」「涙あり」。参加者一同が感動し、明日からもさらに頑張ろうと元気になれた研修でした。

専門・認定看護師

当院では、看護の質の向上を目指して「専門・認定看護師」を配置しており、チーム医療の要として院内を横断的に行動しながら、活動しています。

主な対象は妊産褥婦さまと新生児、その方々に関わるスタッフです。専門看護師は、解決が困難な事例に対して質の高い看護を効率よく提供できるように直接ケアを行ったり、関係部署と調整したり、看護者の相談に乗ります。また、ケアの質の向上を目指して教育や研究指導も行います。どんなことでもお気軽にご相談ください♪
名前:細見 和加/分野:母性看護専門看護師
がん化学療法を受けられる患者さんやご家族が、安心して治療を続けられるよう副作用症状の緩和や日常生活上の注意点などを提案しています。また、治療の中で疑問に思われたことや心配に思われることがあったときは、一緒に考えながら解決をしていきたいと考えています。いつでもご相談ください。
看護部次長/名前:日野 千奈美/分野:がん化学療法看護認定看護師
安全で確実に安心した抗がん剤治療を支援しています。
外来化学療法センターで勤務しており、外来通院で抗がん剤治療を受ける患者さんの支援を中心に活動しています。
がん患者さんが、安全で確実に安心して抗がん剤治療が受けられる環境づくりを目指しています。抗がん剤の副作用を最小限にし、入院から外来に治療が変わっても不安なく抗がん剤治療が続けられるよう支援しています。
また入院・外来問わず、患者・家族および医療スタッフからのがんに関する相談にも対応しています、お気軽にお尋ねください。
名前:渋谷 はるみ/分野:がん化学療法看護認定看護師
皮膚・排泄ケア認定看護師としてストーマケア(人工肛門、人工膀胱)や褥瘡のケア、手術後の傷のケア、失禁ケアについて外来や病棟で活動をしています。地域の開業医の先生方、訪問看護師の方からのストーマケア、褥瘡ケアについての相談も行っています。
ストーマケアについては、シンプルなケアで安心した生活が出来るように心がけています。
褥瘡ケアについては、褥瘡の院内発生を減らすこと、持ち込み褥瘡については出来るだけ改善した状態で退院ができるように褥瘡対策チームと連携したケアを行っています。
他院でストーマ造設された患者さんのストーマ外来での相談が可能です。まずは地域連携センターへご連絡ください。(当院の消化器外科、泌尿器科の受診が必要となります。)
名前:市位 理恵/分野:皮膚・排泄ケア認定看護師
放射線療法は手術・化学療法と並ぶがんの三大治療のひとつです。
がん放射線療法看護認定看護師の役割は放射線療法を受ける患者さんの副作用およびその予防、患者さんやご家族の身体・心理・社会的な問題に対応し安全に治療ができるよう支援致します。がん患者さんのお気持ちに寄り添いながら一緒に考え、支えるパートナーでありたいと考えています。
放射線療法を受ける患者さんやご家族の治療に対する不安を少しでも軽減し、副作用の早期発見やケアを行い、治療完遂ができるよう他の医療スタッフと協力しながら医療の質の向上を目指しています。
名前:髙津 秀子/分野:がん放射線療法看護認定看護師
現在、外来で勤務しています。生活者である糖尿病患者さんや家族の方が、自分の持っている力を十分に発揮し、自己管理していけるようセルフケア確立に向け支援を行っています。
自己血糖測定指導・自己注射の指導・フットケア等、糖尿病と共に生活していく上での工夫や方法を患者さんと共に考えていきたいと思います。
何かありましたらお声をかけてください。
名前:西山 則子/分野:糖尿病看護認定看護師
私は、血液浄化センターで透析看護をしています。透析看護を実践する中で、看護スタッフや、他職種と連携を取りながら、患者さん一人ひとりの生活背景を理解して、必要な情報と専門的な透析技術を提供し、安全な透析療法が継続して行えるよう心がけています。今後、腎臓病教室の開催だけでなく、慢性腎不全の患者さんの相談など活動の幅を広げていきたいと考えています。
名前:福田 清人/分野:透析看護認定看護師
慢性心不全を抱える患者さんに対して、心不全増悪の回避や予防のための支援を行うというのが、おもな役割となります。
心不全増悪の原因には、塩分・水分の摂り過ぎ・お薬の飲み忘れや自己中断・過活動などの生活に関連した原因が多く、また予防できるものが主です。
穏やかな療養生活を送れるよう、まずは患者さんの生活習慣や食習慣などについて実際にお話しをお聴きします。そして、毎日実践できる範囲の内容を患者さん・ご家族と共に考え、支援していきます。
いかにその人らしく療養生活が送れるかを大切に、ご相談に乗っています。
お気軽にご相談ください。
名前:小野 友圭里/分野:慢性心不全看護認定看護師

ページトップへ